石綿作業主任者

ブログ

こんばんわー

先日、『石綿作業主任者』の2日間講習を受けて来ました!

 

石綿作業主任者とは
石綿作業従事者が危険にさらされないように作業の方法を決定し、排気・換気設備の点検、保護具の使用状況の監視および労働者への作業指揮、退避指示、汚染の除去などを行います。

最近では珪藻土マットに含まれていたアスベストで話題になりましたよね💦💦💦

アスベストが人体に及ぼす影響として、「石綿肺」「肺ガン」などがあり、平均20年~40年前後の月日を経て発病すると言われています。 また、アスベストを肺に吸い込んだからといて、病気が発症するまでは検査しても所見が見られません。 30年以上潜伏期間を置いたのち、悪性胸膜中皮腫になるケースもあります。

年々、アスベストを取り扱う上で規制が厳しくなり私たち現場管理者の立場としても必要だと思い石綿作業主任者を取りました。

 

↑無事に修了証頂きました音符
定期的に行われていますので興味のあり方は是非。